ビフィズス菌は腸内細菌である善玉菌の一種で、乳酸菌と並んで体に有益な働きがあります。排便に欠かせない整腸作用だけではなく、外から侵入する細菌やウイルス、また内部にできたガン細胞などを攻撃する免疫力を高め、また花粉症などのアレルギー症状を和らげる働きもあります。コレステロール値を下げる作用や、うつ病改善などといった効果も期待できます。何より、スムーズな排便によってニキビなどの吹き出物ができるのを防ぎ、肌荒れのないキレイなお肌へと導くことができます。

しかしながらこのビフィズス菌も、現代の食生活や生活習慣、ストレス、加齢などの原因により減少してしまうと、悪玉菌の方が増加し、腸内環境のバランスが悪くなり、便通も悪くなります。悪玉菌によって体に有害な物質が作り出され、その影響で腸の動きも悪くる為、スムーズな排便にならず、便秘となってしまいます。

腸内環境を整えるには、このビフィズス菌が活発である必要があります。ビフィズス菌が元気に活動できれば、腸内が弱酸性に保たれ、悪玉菌の増加を防ぐことができます。つまり、善玉菌であるビフィズス菌が住みやすい腸内になることが、便秘改善への一歩となるのです。ビフィズス菌が好む環境とはどうやって作り出されるのでしょうか。