オリゴ糖の効果

未分類

善玉菌であるビフィズス菌が好む環境にする為には、「オリゴ糖」が深く関わってきます。糖類の一種ですが、腸内の環境を整える効果があるとされ、様々な健康食品にも配合されています。また粉末やシロップ状のオリゴ糖もどこでも手にはいる昨今、名前を聞いたことがない方はほとんどいないと思います。実際にはおなかにどう良いのでしょうか。

単純に言うと、オリゴ糖はビフィズス菌のエサ、栄養分になります。よって、ビフィズス菌が元気に活動し、悪玉菌を抑えて健康な腸内環境となる為便秘改善へとつながるのです。他にもビフィズス菌のエサとなりうる糖類はあるのですが、一般的な砂糖や多くの糖類は腸に届くまでに消化されてしまいます。しかしオリゴ糖は、胃や腸で消化されにくい難消化性な為、しっかり大腸まで届き、ビフィズス菌のエサとなることが可能なのです。

これだけ「オリゴ糖」商品が溢れかえっていて迷ってしまいがちですが、実はシロップ状のものは「甘味料」の扱いで売られており、オリゴ糖100%ではなく、含有量は非常に少なく、名前につられて買ってしまうと逆に太ってしまう可能性がありますのでご注意ください。購入前に、添加物などをしっかり確かめて購入しましょう。